さとう みつろう

悪魔とのおしゃべり

古本屋で偶然見つけた1冊の本。それは世にも恐しい悪魔の封印を解く、禁断の書であった―。ただ、その恐しいほどに強力なパワーはあなたを幸せにするものだった。“善い行い”をし続けて、幸せになれた奴はいるか?本当の悪魔は、“正義の味方”ぶって自分の常識を押し付けてくる奴らのほうさ。悪魔のささやきが超魔速であなたの人生を変える!価値観ぶった斬り実用エンタメ小説。

悪魔とのおしゃべり
悪魔とのおしゃべりさとう みつろう

サンマーク出版 2017-10-24
売り上げランキング : 24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識- 究極の男磨き道 ナンパ 筋トレで夢を叶える 超一流のメンタルマッチョ養成講座 はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法 この世界の私をそこから見たら やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12 (ガガガ文庫) 最新巻 革命のファンファーレ 現代のお金と広告 発達障害 (文春新書) 金持ち指令 BASHAR 2017 世界は見えた通りでは、ない バシャールが語る、夢から覚めてありありと見る、世界の「新しい地図」。

参考レビュー

やっと、みつろーが本気出してくれた。

人間スーツと題された仮説は、彼らの議論を超越したところにたどり着いたのではと思わされるほど、すさまじかった。 実際に待ってました。 何者かによって書かされているとすら思えてくる中身。 ライトなスピリチュアル、精神論ではない、古代ギリシャのプラトン、ソクラテスが議論してきた対話。 神様とのおしゃべりを読んで、池田晶子氏の生き返り!と感動して以来いくつもの本を購買してきたが、、どれもありがちなスピリチュアル本的な中身で講演会に行っても、微妙なピアノを聞かされ、、、正直、望み外れで心は離れつつあったのですがやっと真剣を出してくれた。 これこそ、彼にしか書けない本。 激励しています。 こんな本こそ、ベストセラーになってくれ。

当方"わらわー"ではありませんが…(笑)

敬遠されがちな自己啓発やスピリチュアルの要点を一般の人にも広く知って頂くという面では優れているし、評価に値するものと思われます。 一斉号令については賛否あるでしょう。 著者にしろファンの方にしろ、単に売名目的というよりは、現実に良いものを広く知ってもらいたいという善意が奥にあるのだろうとは考慮しています。 みつろうさん的には何より楽しく読んでもらうという事を意図しているのでしょう。 勿論これだけでは荒いところもあるので、とどのつまり他の良書もポイントにする不可欠がありますが。 みつろうさん一流のエンタメ性に富んだ本です。 わずか過激な書き方を批判する人もいるかもしれませんが、今までの常識の限界から意識の見込みを広げる一転語(本?)としては有効であるように考えます。 一昨日事前に平積みされてました。 ただし、常識の誤謬性からの開放、無限なる自己の真実、正しさの本質などのテーマは天音優希さんのように読みやすく真っ当な本が出てきていますので、ここでは触れません。 しかしながら、みつろうさん独自の視点も多く、楽しく啓蒙するという面では大きく一役買っているように感じます。