山本 周五郎

赤ひげ診療譚

幕府の御番医という栄達の道を歩むべく長崎遊学から戻った保本登は、小石川養生所の“赤ひげ”とよばれる医長新出去定に呼び出され、医員見習い勤務を命ぜられる。貧しく蒙昧な最下層の男女の中に埋もれる現実への幻滅から、登は尽く赤ひげに反抗するが、その一見乱暴な言動の底に脈打つ強靱な精神に次第に惹かれてゆく。傷ついた若き医生と師との魂のふれあいを描く快作。

赤ひげ診療譚 (新潮文庫)
赤ひげ診療譚 (新潮文庫)山本 周五郎

新潮社 1964-10-13
売り上げランキング : 9791

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
さぶ (新潮文庫) 青べか物語 (新潮文庫) 小説日本婦道記 (新潮文庫) 町奉行日記 (新潮文庫) 樅ノ木は残った (上) (新潮文庫) 人情裏長屋 (新潮文庫) 樅ノ木は残った (中) (新潮文庫) 季節のない街 (新潮文庫) 樅ノ木は残った (下) (新潮文庫) 人情武士道 (新潮文庫)

参考レビュー

江戸時代の心療内科

ここに出てくる患者たちは皆一寸だけ心の傷があり、いつもの診療では解消できない問題を抱えている。 また保本登本人、本人が持っていた心的外傷を克服してゆく。 読んでいてほのぼのとするストーリーです。 養生所の多くの患者の診療を重ねるごとに医学的な知識だけでは解消できない問題がある事に気付きとりかかる。 幕府の御番医になるべくエリート街道を進んでいたが、ひょんなことから小石川養生所の赤ひげ先生の見習医になった本書の主人公の保本登。 現代でいう診療内科的診療を行う赤ひげ先生に一番目は反抗をするが最終的には傾倒してゆく。

理不尽な社会に吠える!

現代の日本で表面上の貧困はおっしゃる通り減りました。 はじめは反抗しながらも、やがて赤ひげの姿勢や言動に心を打たれる登。 養生所の同僚や、各々の話に登場する患者も綿密に描写されており、印象が膨らみます。 暮らしそのものが追い込まれ、子を売る、まびく、なんて事は現代では腹積もりられません。 一話目からのめりこんでしまいました。 教育の機会も保障されています。 赤ひげのような、登のような人材が現在の日本においても不可欠なのかもしれません。 そのような現代でも、目に見える、または見えない理不尽な事はふんだんにあります。 貧困と無知が多くの人々を苦しめていたこのご時世、一見無意味に思えるような事を積み重ね、理不尽な社会に苦言を呈す赤ひげ(去定)。 もうハラハラです。