乾くるみ

リピート

もし、現在の記憶を持ったまま十ヵ月前の自分に戻れるとしたら?この夢のような「リピート」に誘われ、疑いつつも人生のやり直しに臨んだ十人の男女。とこ ろが彼らは一人、また一人と不審な死を遂げて…。

あの『イニシエーション・ラブ』の鬼才が、『リプレイ』+『そして誰もいなくなった』に挑んだ仰天の傑 作。

リピート (文春文庫)リピート (文春文庫)
乾 くるみ

セカンド・ラブ (文春文庫) スリープ (ハルキ文庫) 嫉妬事件 (文春文庫) Jの神話 (文春文庫) クラリネット症候群 (徳間文庫)

by G-Tools

参考レビュー

緊迫のサバイバル・ゲームとミステリーの融合

誰が?なぜ?何のために?と、とにかくページを捲る手が止まらなかった。SFチックな設定ながら、蓋を開けてみればそこは謎めいたミステリーの世界。謎が明かされてから「んんん?そう来たか!」と、もう一度自分の頭の中を整理し、再度理解する・・・そしてまた納得、「イニシエーション・ラブ」同様にお見事!と手を叩きたくなった。

危険に身を晒されたとき、自分を守るために人はどういった行動をとるのか・・・互いを疑い合い、騙し合い、出し抜こうと必死になる登場人物たちの心理が、とてもリアルで作品全体に緊張感を与えているので、中だるみもない。

主人公の青年の中に徐々に芽生える黒い感情、自己愛、そのあたりの変化も面白いのだが、しかしまた恐ろしくも感じた。しかし、その「仕掛け方」の緻密さがこの作者の凄いところだと思う。

「そして・・・」のような本格ミステリーではないが、種明かしは十分面白い。背表紙にある通り「そして誰もいなくなった」を連想させるストーリーだが、そこにタイムトラベルが加わったところであっと驚きの仕掛けが誕生する。

頭を使うミステリーは個人的に好きなので楽しませてもらった。

トリックそのものは決して難しいものではなく、むしろシンプル。

鮮やかな着地をみせる結末

〈リピート〉というタイムトラベル現象により、九ヵ月半前の過去に戻った九人の男女。彼らは、そこで次々と変死したり、殺害されていきます。

彼らが〈リピート〉した人間であることは、彼ら以外知らないため、彼らのなかに犯人がいると考えられますが、では何のために?というのが、本作のミステリとしてのキモ。サプライズやツイストを求める人には、物足りないのかもしれませんが、物語を破綻なく締め括れる著者の手腕は、評価されていいと思います。ともあれ、文字通り『そして誰もいなくなった』へと着地させる結末はお見事。

本作は、一種の思考実験で、登場人物に感情移入するタイプの小説ではない――。そう割り切れるかどうかが分水嶺でしょうね。ただ、その分、事件を支配している黒幕の動機は、いかにもゲーム的というか、チープなものなので、眉をひそめたり、納得できない人もいるかとは思います。

著者は、逆転の発想により、タイムトラベルを前提とした《ミッシング・リンク》という斬新なアイディアを、うまく作品のなかに落とし込んでいます。著者がグリムウッド『リプレイ』+クリスティ『そして誰もいなくなった』に挑んだSFミステリ。