伊藤計劃

ハーモニー

21世紀後半、〈大災禍(ザ・メイルストロム)〉と呼ばれる世界的な混乱を経て、 人類は大規模な福祉厚生社会を築きあげていた。 医療分子の発達で病気がほぼ放逐され、 見せかけの優しさや倫理が横溢する“ユートピア"。 そんな社会に倦んだ3人の少女は餓死することを選択した―― それから13年。死ねなかった少女・霧慧トァンは、世界を襲う大混乱の陰に、 ただひとり死んだはすの少女の影を見る―― 『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)
伊藤計劃 redjuice

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA) 屍者の帝国 (河出文庫) The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA) 屍者の帝国 映画「ハーモニー」ARTBOOK

by G-Tools

参考レビュー

生きていること、死んでいることを考えさせられる綺麗な作品

映像でこのような読後感を味わえるかどうか分かりませんが、映画を観る予定がある人は、小説を読んでおくべきだと思います。最初は「読みにくいなあ」と思いましたが、慣れると、感情に色がついたように読めて分かりやすかったです。とても深いと思います。また、etmlという架空のマークアップ言語で感情を表現した部分があります。Webページの構造を記述するHTMLのようなマークアップ言語です。

映画も公開されます。入門書の最初の方を読んでおけば十分だと思います。万人向けではないですが、etml記法は使えるような気がしました。ネタバレになるので詳しくは書きませんが、生きていることと死んでいることについて考えさせられます。しっかりと勉強する必要はありません。

ですので、先にHTMLの入門書を読んでおくことをお勧めします。ところが、キアンの死は脈絡もなく突然に起こるので驚きました。物語の最初の方でミァハが自死してしまうのですが、それはストーリー上の必然でした。物語の前半は結構淡々に進みます。私はHTMLの知識を持っていたので、作者が何を表現したかったのか、よく理解できました。

生きているような死、死んでいることで生を感じさせること。キアンの死に方は想像するとグロテスクですが、文字を追っている限りはグロテスクなシーンも美しく感じられます。筆者の表現力の見事さがなせる技だと思います。次に衝撃を受けたのは、ラストの方です。人の生き死にを扱っている小説ですが、読んでいて暗い感じがするわけでもなく、むしろ美しく感じました。

緻密な設定とラストのどんでん返し

とにかくお勧めなので、少しでも興味のある人はぜひ、手に取ってほしいと思う。僕がこの小説を気に入ったのは、この発想にショックを受け、そしてその論理の一貫性に感心したからだろう。だが、その短所を補って余りあるストーリーとしての面白さが、「ハーモニー」にはある。だから、この小説はミステリ的な要素を持っていると言える。

反面、登場人物の行動原理や感情の動きの描写はお世辞にも上手いとは言い難い。そして、それが分かった瞬間、それまでの謎が解け、しかもその発想の論理的な帰結として、意外な結末が導かれてしまうのだ。文章は簡潔かつ平易であり、読みやすいと思う。また、著者の言葉の使い方もユニークで、センスを感じさせるものが多いと思う。

ハーモニーの一番の面白さは、わたしがわたしであるという意識が人類にとって必須ではないのではないか、という発想にある。そして、どこか淡々とした印象を受ける。その発想がはっきり明かされるのは小説後半ラスト直前であり、大抵の読者はそこで驚くだろう。この発想は、現代人の思い込み又は盲点をついたものであり、ミステリで言うトリックのようなものだ。

ミステリ好きな人には面白いのではないかと思う。この小説の魅力は、綿密に練られた世界設定と意外な結末、そしてそれらの中を貫く強靭な論理にあると思う。また、普通なら考え付かない世界(ラストの世界)を垣間見せてくれる意味でも、ハーモニーは面白い。