垣根涼介

ワイルド・ソウル〈上〉

一九六一年、衛藤一家は希望を胸にアマゾンへ渡った。しかし、彼らがその大地に降り立った時、夢にまで見た楽園はどこにもなかった。戦後最大級の愚政“棄 民政策”。その四十数年後、三人の男が東京にいた。

衛藤の息子ケイ、松尾、山本―彼らの周到な計画は、テレビ局記者の貴子をも巻き込み、歴史の闇に葬られ た過去の扉をこじ開けようとする。

ワイルド・ソウル〈上〉 (新潮文庫)ワイルド・ソウル〈上〉 (新潮文庫)
垣根 涼介

ワイルド・ソウル〈下〉 (新潮文庫) ヒートアイランド (文春文庫) 旅のラゴス (新潮文庫) ゆりかごで眠れ〈上〉 (中公文庫) ゆりかごで眠れ〈下〉 (中公文庫)

by G-Tools

参考レビュー

興奮冷めやらぬ!

先ほど読み終わったばかりなので興奮冷めやらぬまま書いてますが、これほど文句のつけようがない小説は初めてかもしれません。「君たちに明日はない」を読んだ時にも感じたことですが、垣根涼介さんの小説は少し目を背けたくなるような内容にもかかわらず、後ろ向きにはならず、最後には読者の背中を押してくれるような、生きようとする心に力を与えてくれますね。

垣根涼介さんの熱い想いがそうさせてくれるのでしょうか。

大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞を受賞した傑作小説。いずれにせよ誰にでも自信を持ってお勧めできる名作だと思います。

3冠は史上初とのこと。アマゾン移民者のあまりにも過酷な運命に涙し、それでも生きようとする強い意志、人間のエネルギーに胸が熱くなり、日本政府に対する緻密な復讐劇に驚き、興奮し、読後には自分の内からエネルギーが湧いてくるような、そんな作品でした。

魂の傑作小説

農耕に適さないジャングルの奥に捨てられた人々。まさに作者の魂の一冊と言っても良いであろう。絶対的なお勧め。

理想郷を求めてブラジルに渡った移民たちを待っていたのは、熱帯ジャングルと数々の疫病。そして、その後のワクワク感、興奮の嵐といったら言葉にできない。

地獄から生き延び、日本政府に復讐を誓う男が日本にやってくる。遠いブラジルから始まり、その後も壮大なスケールで展開されるのに、自分のことのように引き込まされてしまう。

近年まれにみる傑作小説。とにかくもの凄い小説である。