桐野夏生

ダーク (上)

「私の中の何かが死んだ」出所を心待ちにしていた男が四年前に獄中自殺していた。何も知らされなかった村野ミロは探偵を辞め、事実を秘匿していた義父を殺 しにいく。隣人のホモセクシャルの親友。義父の盲目の内妻。

幼い頃から知っている老ヤクザ。周囲に災厄をまき散らすミロを誰もが命懸けで追い始めた。

ダーク (上) (講談社文庫)ダーク (上) (講談社文庫)
桐野 夏生

ダーク (下) (講談社文庫) 天使に見捨てられた夜 (講談社文庫) ローズガーデン (講談社文庫) 柔らかな頬〈上〉 (文春文庫) 顔に降りかかる雨 (講談社文庫)

by G-Tools

参考レビュー

ミロとの決別の書

どこかで相通ずるものを共有し、許しあっているものたちとの気楽な暮らしだったというロミの言葉は、シリーズが桐野とミロファンとの閉ざされた世界でしかないことを暗示しています。

これは村野ミロに甘い黙約を期待する読者に対する確信的な裏切りであり、失望されたファンも少なくなかったでしょう。本作は自分を育み、それなりの愛着を持ったキャラとの決別を宣言しています。

反面それ以上の何者でもなくなることを桐野はロミシリーズの次回作を期待される度に危惧していたのではないでしょうか。ミロシリーズにぶら下がって書き続ければ、女流ハードボイルド作家として部数の計算できる堅い作家でい続けられたでしょう。作中、『所詮、安全な池の中に住んでいたようなものだった。

本作は、自立し更なる成長を図るためミロシリーズ(育ての親)を捨てる親離れの儀式のような作品だと感じました。しかし桐野がミロ以外の何かを書くための必然だったのではないでしょうか。

そのため桐野はミロシーズの世界観を完膚なきまでに破壊し、ミロに関わる者たちにもれなく災厄をもたらし、読者を不快にする作品に仕立てました。

主人公村野ミロは、作者桐野夏生に江戸川乱歩賞をもたらし売れる作家に育てた、いわば育ての親のような存在でした。そんな世界観を桐野は、親を疎ましく思う若者のように感じていたのではないでしょうか。

ミロが可愛くて、とてもいい

上巻には不条理が満ち満ちていて、人間存在そのものを問い直した実存主義の文学を連想した。愛と冒険と謀略と犯罪と悪意と善意とサスペンスが混ざりあった圧倒的な面白さはあるが、上巻との落差が激しい。

ミロには桐野さん自身が凝縮されている。この作品を読めば、もう他の作品は読む必要がないとさえ思えてくる。

読み出したら途中で止められない迫力と筆力がある。女性をこんなに深奥まで生々しく描くことは、男性作家にはとてもできない。ただ、結末で主人公を再び孤独と不安の実存の中に放り出している点で、通常のエンタテインメント作品とは異なる作者の実存的意図を感じる。

特に「光州は燃えている」は圧巻。下巻になると、何故か、信頼できる愛に基づいた恋愛があり、母性愛があり、普通の小説になった。

作者の会心作ではなかろうか。作者はこの作品で、人間の心の奥に潜む人間の暗部を描ききり、人間の実存を通して、人間存在の真相に迫った。

ここでのミロは、女の暗部まで全部さらけ出しているが、それでもなお、愛に忠実で、誠実で、優しくて、可愛くて、とても魅力的である。