北村薫

六の宮の姫君

最終学年を迎えた〈私〉は、卒論のテーマ「芥川龍之介」を掘り下げていくかたわら、出版社で初めてのアルバイトを経験する。その縁あって、図らずも文壇の 長老から芥川の謎めいた言葉を聞くことに。

王朝物の短編「六の宮の姫君」に寄せられた言辞を巡って、円紫師匠の教えを乞いつつ、浩瀚な書物を旅する〈私〉 なりの探偵行が始まった。

六の宮の姫君 (創元推理文庫)六の宮の姫君 (創元推理文庫)
北村 薫

朝霧 (創元推理文庫) 秋の花 (創元推理文庫) 夜の蝉 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書) 空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書) 玻璃の天 (文春文庫)

by G-Tools

参考レビュー

すばらしい、書誌学ミステリ

恥ずかしながら、芥川の作品というのをきちんと読んだことがありませんでした。どういう経緯で生まれた作品なのか、誰とのキャッチボールだったのか、「私」がその謎を追って、奔走します。

芥川龍之介が自作『六の宮の姫君』をさして「あれは玉突きだね・・・いや、というよりはキャッチボールだ」と表現した言葉の謎を巡るミステリーです。

人が死ぬわけでもなく、犯罪者が出てくるわけでもない、だけど立派なミステリー。だから、彼の生い立ちやらバックグラウンド、自殺に至る経緯なども全く知りませんでした。

これを読んだおかげで、芥川のみならず、菊池寛など、同時代の作家の作品も手当り次第に読んでみたくなりました。

知らない人間でもこれだけ楽しめるのですから、芥川に慣れ親しんでいる方なら、なおさらおもしろいでしょうね。それでも、全く退屈せずに作品全体を楽しめました。これはひとえに、作者に筆力によるものでしょう。

基本的には、古本屋や図書館で古い本やら雑誌やらを調べる、これだけの行為の中からこんなにすばらしい「推理」を組み立て、一つの作品に仕上げてしまう、北村薫という人はすごい人だと改めて思いました。

こんな”知的な”ミステリー、なかなか今の日本になかなかないでしょう。

芥川と友人たちの心の交流を覗き見したような

ぜひ多くの方に読んでほしいと思います。さらに謎解き以外の楽しみとして、芥川と友人たちとのこころの交流が垣間見れるような記述もふんだんに盛り込まれていること。まず謎解きを円紫さんではなく主人公「私」がしていること。

おすすめです。謎を日常の中にではなく、芥川龍之介という作家の作品においたこと。かなり感情移入してしまい、つい涙してしまう場面もありました。

スタイル上、会話の中だけで謎の提示から謎解きまで終わってしまうことも多く、そのアクロバティックな謎解きもシリーズの魅力です。

また謎解きを「私」にさせたことによって、読者の視点からは芥川や友人たちの作品(またその文章)自体に謎解きをさせた形になり、謎解きに説得力が生まれていると思います。

円紫さんと「私」シリーズでは、円紫さんが「私」の「日常に隠れた謎」を会話の中から解き明かして行きます。いつもの軽やかさはありませんが、実在の作家の名文や名言が随所にあらわれるため読み応えありです。

そんななか、今回の作品はいろんな点で異色であるといえます。