見山敏

魔法の原石 仕事と人生が輝きだす物語

35歳、独身。彼女に振られ、日雇い先からの突然クビに自暴自覚になる勇太。偶然ひろった新聞に「ワーキングプアの若者を支援する会」という奇妙な広告を みつける。

勇気を出して訪れてみると、大企業の社長・一ノ瀬から「一ヶ月の間に3ダースの洗剤をうってこい!」という無理難題をつきつけられる。挫折を繰 り返しながらも多くの人に助けられ、どん底から新たな人生を切り拓く、心が震える感動の物語。

魔法の原石 仕事と人生が輝きだす物語魔法の原石 仕事と人生が輝きだす物語
見山 敏

強運な美人になれる魔法の習慣 大丈夫、あなたならできる!―やる気を習慣化すれば何事も成功する 願いをかなえるシンクロニシティを起こす方法 覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books) やる気がでる―全肯定の生き方が道を拓く

by G-Tools

参考レビュー

心の糧になります。元気になります。

当たり前のようですが、今の社会で忘れられがちで、必要なことだと再確認させられる一書だと思います。愛情、思いやりを持ちながら、しっかりと自分の足で人生を生きる。

見山先生の講演を聴いたり、何冊かの本も読んでいますが、ただのネットワークビジネスのノウハウ本のような小説というだけではないと思います。

一人の人生もダイヤの原石のように磨いて輝きますが、このような心を持って生きていく人がたくさん増えれば、社会も良くなるし、ひいては世界の平和につながるのだと思います。

ホンマの自由

わからないんですけれども、なにかが、少しわかったような気がしました。僕にとってのこの本は、「原点復帰バイブル」のようなものです。この本と出会ってまだ半年なのですが、それ以来、毎日毎日とにかくあの5ヶ条を、毎日意識して練習しています。

見山さん!いつもホンマありがとうございます! 。この本が、僕の気持ちの大黒柱の一つになってくれています。ねだってても、まってても駄目!たくさんの挑戦を、絶対に諦めることなく。

自分の気持ちを信じてみたいって本気で思いました。正直、僕はまだまだなにもわかりません。

働くとは端を楽にする事。その成果か、口だけ人間と言われてばかりだった僕も、実績的なものも他人からいただく信頼も、全体的に延ばす事が出来始めていけるようになりました。