梨木香歩

村田エフェンディ滞土録

町中に響くエザン(祈り)。軽羅をまとう美しい婦人の群れ。異国の若者たちが囲む食卓での語らい。虚をつく鸚鵡の叫び。古代への夢と憧れ。

羅馬硝子を掘り 当てた高ぶり。守り神同士の勢力争い―スタンブールでの村田の日々は、懐かしくも甘美な青春の光であった。共に過ごした友の、国と国とが戦いを始める、そ の時までは…。百年前の日本人留学生村田君の土耳古滞在記。

村田エフェンディ滞土録 (角川文庫)村田エフェンディ滞土録 (角川文庫)
梨木 香歩

f植物園の巣穴 (朝日文庫) 家守綺譚 (新潮文庫) 春になったら苺を摘みに (新潮文庫) からくりからくさ (新潮文庫) エンジェル・エンジェル・エンジェル (新潮文庫)

by G-Tools

参考レビュー

硬質のファンタジー

表から見える日常生活のすぐうしろには、ほとんど有り得ない時空があり、人は表の現実の世界と裏の不思議な世界のいずれともそれぞれに縁があってつながりをもっている、いつもの梨木果歩の世界である。

その前景のすこし奥というか、日の当たる日常のやや斜め方向から見た裏側には、市場のあやしげな占い師などともつながる不可思議な世界があった。

日本人の考古学者が首都のスタンブールの外国人用下宿に滞在し、そこでのさまざまな人との出会い、狂言回しのような鸚鵡、古代文明の発掘、それらとやや不安定な世界情勢とのからみなど、もしかしたらどこかで実際にそのようなことがあったのではないかと思わせる話が前景にある。自分では経験していない19世紀末の雰囲気も感じられる、と言える。

甘酸っぱいメルヘンとは違う、ことによったらSFとも言える、硬質のファンタジーである。

話の主な舞台は、19世紀末のトルコ、また、日本。

魂を揺さぶる物語―‘滞土録’という名の豊かな贈り物

考古学に基づいて発掘作業を行うという、地味で単調な日常のところどころに、フィクションの形で鏤められた奇想天外なエピソードの数々。

そこで語られる、国家を超えた世界観/人生観をめぐる対話は、他人事のようでいて、意外にも現代の私たちに切実な響きをもち、あらためて、人種とは、国家とは、とふだんあまり馴染みのないテーマにつき素朴に考えさせられる。

加うるに、擬古文調で語られる主人公の感懐の誇らしさ、頼りなさ、誠実さの生き生きとした描写は、時代を超え、慌しい現代に生きる私たちのこころに、なつかしくしみじみとした瀟洒な味わいを残す。

何はさておき、私にとり梨木香歩氏は、現代日本文学の中で、たいへん稀有で貴重な作家のひとりである。本作は、時代によらず大切なものを現在に集約しリヴァイズする、という側面をもあわせもつが、固有の作品世界はけっしてレプリカではなく、純然たるオリジナルとしかいいようがない。

およそ人間に関わることでわたしに無縁なことは一つもない”も、むしろ、現代でこそ、より切実な意味をもつ。

梨木作品の魅力のひとつは、女性の側から描かれた信じうる人間性への無条件の信頼ではあるけれど、その背後には、反面、人間が本来的にもつ残虐さや非条理さ、それへの深い絶望と悲しみとが裏うちされており、たんにやさしく美しい物語―とだけではいい切れない奥行きと切実さがあって、いわば女性の悲しみと願い、というような感情を基調としていることも特徴と思われる。

ローマの劇作家・テレンティウスの言葉“わたしは人間である。ほとんど、代わりをみつけることができないというほどの―。その色彩感のあざやかさ。

それらは、まるで目の前で起きているかのような臨場感に満ち、素朴で根源的なテーマをあつかった本書に、なんともいえずゆかしい趣を添えている。

そして、何より私は、村田エフェンディそのひとに憧れる。百年程前の土耳古(トルコ)、彼の地を訪れたひかえ目で理知的な留学生・村田エフェンディの目から見られた、国籍によらない志ある人々とのかけがえのない邂逅と離別の物語。

『西の魔女が死んだ』から連綿とつづく梨木香歩氏の作品系列に於いて、『家守綺譚』『村田エフェンディ滞土録』は、多くの人たちにとってと同様、私にとっても特別な愛着のある作品である。

登場人物は、一癖も二癖もある人物にも見えるが、押しなべて高潔、内省的であり、いかにも知識人たちという感じで、舞台が一種の時空を超えたサロンの趣を呈している。

ただし、本作はあくまでも物語なのであるから、あまりひねくれた読み方をせず、味わい深いものを深く味わう、それだけで、よいのかもしれない。

むろん、現実とのバランスをとりつつ、人生をより生きやすいものに塗り替える、ということが童話的作品のひとつの存在意義であるとすれば、この作者により紡ぎ出された丹念で精緻な童話的リアリズムは、苛酷で非情な現代を生きる私たちが、与えられてはじめてその渇望していた心地よさに気づくといった種類のもので、こころに必須の栄養素と止まり木とを、二つながら提供してくれてもいる。