佐藤多佳子

一瞬の風になれ 第二部 -ヨウイ-

冬のオフシーズンを経て、高校2年生に進級した新二。冬場のフォーム作りが実を結び、スピードは着実に伸びている。天才肌の連も、合宿所から逃げ出した1 年目と違い、徐々にたくましくなってきた。

新入部員も加わり、新たな布陣で、地区、県、南関東大会へと続く総体予選に挑むことになる。 新二や連の専門は、100mや200mのようなショートスプリント。中でも、2人がやりがいを感じているのが4継(400mリレー)だ。

部長の守屋 を中心に、南関東を目指してバトンワークの練習に取り組む新二たち。部の新記録を打ち立てつつ予選に臨むのだが、そこで思わぬアクシデントが……。

一瞬の風になれ 第二部 -ヨウイ- (講談社文庫)一瞬の風になれ 第二部 -ヨウイ- (講談社文庫)
佐藤 多佳子

一瞬の風になれ 第三部 -ドン- (講談社文庫) 一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫) 私のフォト・ジャーナリズム (平凡社新書) DIVE!!〈上〉 (角川文庫) 夏から夏へ (集英社文庫)

by G-Tools

参考レビュー

懐かしき直球ど真ん中の青春スポーツ小説第二巻

若い頃、何かに夢中になって取り組んだ人間ならその緊張感溢れる雰囲気に忘れていた熱い想いを否応なしに鷲掴みされる。しかしやはり描写の中心は四人で行われるリレー。

作者も読者もキャラクターたちに慣れてきて、第一巻よりも丁寧に人と人との繋がり、つまりはずばり友情/愛情/家族愛が描かれている。

ありがちなアクシデントで本巻はクライマックスを迎えるがそれでも感情は冷めやらず、直ぐに最終巻が読みたくなる!

イマドキの、汗臭くないクールな天才ランナーを脇役に据え感情吐露も語り口も押し付けがましくないが、主人公は熱血系、台詞や態度もやや古臭い、懐かしき直球ど真ん中の青春スポーツ小説第二巻である。

主人公の成長過程の描写に共感

二年生になり、新二は部長にもなり責任も重くなります。記録も上がり、陸上部の団結も高まり盛り上がってきたところで、新二の兄の事故が起こります。そんな彼を救ったのは駅伝大会でした。

アスリートの生命線である膝のケガは、新二を徹底的に痛めつけます。その一つ一つのイベントが、感動的であるために一気に読ませてくれます。まさに佳境に入ったという感じがします。

心に負った陸上選手の大きな痛手は、陸上競技によってしか癒されないのかも知れません。最終巻での主人公の活躍が楽しみになってくる第二巻でした。

この第二巻は、良くも悪くもいろいろな事件が起こり、その中から主人公が何かを掴んで行く、そうした成長の過程の描写です。

新二と連は、互いに競い合いながら成長していきます。