筒井康隆

旅のラゴス

北から南へ、そして南から北へ。突然高度な文明を失った代償として、人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。

集団転 移、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯をかけて旅をするラゴスの目的は何か?異空間と異時間がクロスする不思議な物語世 界に人間の一生と文明の消長をかっちりと構築した爽快な連作長編。

旅のラゴス (新潮文庫)旅のラゴス (新潮文庫)
筒井 康隆

フェルマーの最終定理 (新潮文庫) 星を継ぐもの (創元SF文庫) ワイルド・ソウル〈上〉 (新潮文庫) ワイルド・ソウル〈下〉 (新潮文庫) 半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)

by G-Tools

参考レビュー

ラゴスの旅路の果ては私にはわからない

彼はこの小説が執筆される前から旅を続け、どこかでのたれ死ぬまで終わらないのでしょう。

自分の知識欲を満たすための旅であると同時に、それを纏め上げ、経験とともに後世に伝える使命を帯びた旅はそれでも、彼にとってすばらしく輝いていた時間であったと思います。

最後は人外魔境へ踏み入る彼の背中で(小説として)幕を閉じる事になりますが、私にはその小さくなっていく背中を見てなお、彼はこの先も旅を続けているのだと確信しています。

唐突に始まり唐突に終わる印象ですが、それは連載作品だったからでしょうか。知識を求め旅をする男を描いた、ラゴス伝とも言える作品。

書かれていないから存在しないなんていうのはナンセンス。そんなことをはじめに思ったことを覚えています。

時には遊牧民の暮らしに身を置き、時には賊に追われ、年月を忘れ本を読み漁り、そして心を通わせた女性を思い、彼女を求め全てを投げ打って世界の果てへ旅をする。

読み終えてみると、そんなつまらない考えは頭の片隅にもありませんでした。その様子を見ていくうちに、彼とリンクするように私の好奇心が刺激され、もっとこの世界を知りたいとページを捲る手が止まりませんでした。

正統派SFファンタジーの傑作

一人の男の壮大な旅を描いた物語。あるいは題名に則せば、旅をするラゴスを描いた作品と言ったほうが適切かもしれません。

世界観、人物、展開どれをとっても秀逸で、ラゴスの生き様に瞬く間に引き込まれていきました。

読後に「読んでよかったなぁ」と思える数少ない作品の一つです。

SF的な設定は簡潔であるため、SFに抵抗がある方や、SF初心者の方にもおすすめできる作品です。