内田康夫

箸墓幻想

邪馬台国の研究に生涯を費やした孤高の考古学者・小池拓郎が殺された。その直後、彼の発掘していた古墳から邪馬台国の手がかりと思われる銅鏡が発見され、 考古学界は騒然となる。

浅見光彦は、小池が寄宿していた当麻寺の住職から事件解決を依頼され、早春の大和路へ向かった。老考古学者が遺した一通の古い手紙 と色褪せた写真―住職の娘・有里とともに事件を追う浅見は、いつしか時を超えた女達の妄執に搦め捕られてゆく。

古代史のロマンを背景に展開する格調高い文 芸ミステリー。

箸墓幻想 (角川文庫)箸墓幻想 (角川文庫)
内田 康夫

薔薇の殺人 (中公文庫) 神苦楽島〈下〉 (文春文庫) 黄泉から来た女 (新潮文庫) 神苦楽島〈上〉 (文春文庫) 歌枕殺人事件 (双葉文庫)

by G-Tools

参考レビュー

歴史物の中では最高!

本作の事件の背景には、被害者の青春時代の人間関係がかなり複雑に絡んでいるのだが、そこはちょっと蛇足かな、と思った。本作のヒロインは当麻寺の住職の娘なのだが、このヒロインの積極ぶりもシリーズ屈指。

それと、本作で”神の手”の捏造事件の人物についてもちょこっと触れられているのだが、本作が刊行されたときには捏造の発覚はまだだったにも関わらず、まるで捏造してるんじゃねえのこいつ的な書き方をされているのには驚いた。

邪馬台国をテーマに扱い、作中で殺される考古学者が邪馬台国近畿説の信奉者であることから、本作を読むと、本当に邪馬台国は近畿(とりわけ奈良)にあったのではないかと思わせられる内容。

まぁ実際のところは不明なんだろうけど、作中の舞台となっているホケノ山古墳が実在であり、しかも本作連載中にそこから大発見があったという偶然も重なって内容はかなり盛り上がった。これも見所。

純粋に日本古代史オンリーで話を作ってくれたらもっと面白かったのに、と思わないでもない。とにかく日本の古代史好きにはたまらない内容になっている。

箸墓幻想

物語は、卑弥呼の墓ではないかと言われている、箸墓近くの発掘現場から始まり、発掘現場の中心人物であり、卑弥呼に生涯を捧げたといってもいい研究者の死から、ストーリーは動いていきます。

著者のメインキャラクターといえる、浅見光彦の登場で、その事件の裏に隠されて秘密が解き明かされていくおもしろさ。

どちらをとっても、内田康夫ファンの期待を裏切らない、満足できる1冊です。

内田康夫の久しぶりの単行本です。

箸墓にまつわる歴史や、秘密のおもしろさ。