上橋菜穂子

狐笛のかなた

小夜は12歳。人の心が聞こえる“聞き耳”の力を亡き母から受け継いだ。

ある日の夕暮れ、犬に追われる子狐を助けたが、狐はこの世と神の世の“あわい”に 棲む霊狐・野火だった。

隣り合う二つの国の争いに巻き込まれ、呪いを避けて森陰屋敷に閉じ込められている少年・小春丸をめぐり、小夜と野火の、孤独でけな げな愛が燃え上がる…愛のために身を捨てたとき、もう恐ろしいものは何もない。野間児童文芸賞受賞作。

狐笛のかなた (新潮文庫)狐笛のかなた (新潮文庫)
上橋 菜穂子

流れ行く者: 守り人短編集 (新潮文庫) 獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫) 獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫) 月の森に、カミよ眠れ (偕成社文庫) 獣の奏者 外伝 刹那 (講談社文庫)

by G-Tools

参考レビュー

剣と魔法のファンタジーの王道

大事なことは、基本的に少年少女向けに書かれながら、それが青年から大人へと拡がって行くこと。こういう流れに乗って大人の(オッサンの)私が初めて触れた日本のファンタジーは、小野不由美の十二国記だった。

しかしその後、なかなかそういう作品に出合えなかった。こういう作品が日本にもあることを発見したことは喜びだった。

作者上橋の、細部までしっかりしたプロット作りが、(本来)少年少女向けとして書かれた作品でありながら、少しも手抜きがなく、また大人の醜さ、子供の残酷さも容赦なくあらわにして、まさに大人の鑑賞に堪えるものとなっている。

人の心が聞こえる小夜と、呪い人の手先になっている霊狐の出会いを発端に、領土争いに翻弄される小国の、跡継ぎの少年をからめ物語が推移、展開する。

小野不の十二国記はチャイニーズテイスト、上橋の守り人シリーズは無国籍アジアンテイスト、で我が国のファンタジーは日本を舞台にできないのかな、と思っていたけど、本作品は舞台は日本であり、戦国時代風なんだけど、どこか異次元異世界で、おもしろい。

ファンタージーの中に、とても土着的な匂いと素朴で淡い恋心が添えられ、独自の世界がせつなく展開した。これぞまさに、大人の皆さんにこそ味わって頂きたい一級のファンタジーである。

欧米の指輪物語、ハリー・ポッターに類するファンタジーがなかなか我が国にはなかった。

幸いなことに、朝日新聞の書評のおかげ(青少年にはやっているコミックやジュニアノベルを紹介してくれる)で、上橋菜穂子の守り人シリーズに出合え、そしてとうとう本書も手に取ることができた。

一つには、基本的に「少年少女向け」であることが、なかなか私のような中年男性には出会いが難しかったと言うこともあるだろう。

伝奇とファンタジーの中間点

情景の描写も鮮やかで細やかで、本の中の世界に無理無く入り込むことができる。伝奇・妖怪物は大好きなので、諦めきれず本屋を数件回ってみたがやはりなかった。

あんなに沢山これ見よがしに積まれていたのに……とエラい人気なんだと感心してしまったのを覚えている。

あらすじは他人の心の声を聞き取る能力『聞き耳』の能力を持つ少女、小夜と、隣国の呪者の使い魔、野火との恋物語。こういった作品にあまり触れた事のない方にもお勧めしたい。

人間と魔物という従来は考えられないハードルと、野火の使い魔としての宿命、国同士の領地を巡る争いなど、幾重にも重なりあった構成はさすがは人気作家だと思う。

昔話などでよく語られる、妖怪と人間との婚姻譚をベースに、戦国チックな群雄割拠な世界観と、上橋氏の作り上げた術者の定めをからませた物語は傑作だと思った。

交錯した人間関係の中で展開される簡単には予想の出来ない展開もまた大きな魅力だと思う。文庫版が出てから、買おう買おうと思って、書店で平積みされているのを眺めていたのだが、ある日思い出して書店に行ってみるとどこにも売っていない。