若竹七海

ぼくのミステリな日常

月刊社内報の編集長に抜擢され、若竹七海の不完全燃焼ぎみなOL生活はどこへやら。慣れぬカメラ片手に創刊準備も怠りなく。そこへ「小説を載せろ」とのお 達し。

プロを頼む予算とてなく社内調達ままならず、大学時代の先輩に泣きついたところ、匿名作家を紹介される。かくして掲載された十二の物語が謎を呼ぶ、 贅を凝らしたデビュー作。

ぼくのミステリな日常 (創元推理文庫)ぼくのミステリな日常 (創元推理文庫)
若竹 七海

プレゼント (中公文庫) 古書店アゼリアの死体 (光文社文庫) クール・キャンデー (祥伝社文庫) サンタクロースのせいにしよう (集英社文庫) ヴィラ・マグノリアの殺人 (光文社文庫)

by G-Tools

参考レビュー

初にして最高

未読の方には是非進めたい一作だ。私にとってはこれは未だに最高作(読んだ事のある国内ミステリとしてもかなり上位)に位置している。

社内報を担当する事になった若竹七海(著者と同名のキャラクター)が、頼った先輩を通じて受け取る社内報用の小話を載せる形式の連作短編。

著者のデビュー作。勿論他の作も面白いが……。

初めに読んだ若竹七海作があまりにも面白かった為だろう。様々なテイストの小話の連作としても読めるが、それが雑多ではなく、意味を持ったものであると気付いた時にはその見事さに手を打った。

《日常の謎》と連作長篇という手法を融合させた記念碑的作品

四月から三月までを背景にした季節感溢れる全十二編の連載が終了した時、編集長を務めていた若竹七海は、作者が小説に込めた驚くべき意図に気づく……。

建設会社の社内報に毎月一本ずつ、一人称で書かれ、実話に基づいているという、匿名作家の短篇小説が掲載される。

連載されたのが社内報という媒体だったこと、そして連載小説は実話に基づいたものだったことなどが、本作全体を読み解くカギになります。

読み終えると、どうしても長篇としての大仕掛けにばかりに目がいきがちですが、個々の短篇もそれぞれ違った味わいがあり、楽しめます。

それぞれが独立した短篇の外側に、プロローグとエピローグに相当する“額縁”(書簡や編集後記)を付けることにより、長篇小説に仕立てるという手法が採られた作品。

特に、精緻なロジックが美しい「桜嫌い」、タイトルも技ありな暗号解読もの「あっという間に」、そして叙述トリックが冴える「バレンタイン・バレンタイン」などが印象的でした。