吉村昭

深海の使者

太平洋戦争が勃発して間もない昭和17年4月22日未明、一隻の大型潜水艦がひそかにマレー半島のペナンを出港した。3万キロも彼方のドイツをめざし て…。

大戦中、杜絶した日独両国を結ぶ連絡路を求めて、連合国の封鎖下にあった大西洋に、数次にわたって潜入した日本潜水艦の決死の苦闘を描いた力作長 篇。

深海の使者 (文春文庫)深海の使者 (文春文庫)
吉村 昭

総員起シ〈新装版〉 (文春文庫) 戦艦武蔵 (新潮文庫) 陸奥爆沈 (新潮文庫) 零式戦闘機 (新潮文庫) 闇を裂く道 (文春文庫)

by G-Tools

参考レビュー

遠く欧州をめざす潜水艦 スケール大きくダイナミックな戦史小説

吉村昭の長編戦史小説にあって、最もスケールが大きくダイナミックなものと言えるのではないか。英軍の航空機攻撃を回避するには海中を潜航するのだが、長時間に及ぶ潜航で艦内の酸素は不足し乗組員や便乗している将校等は大きな苦痛を味わう。

潜水艦をテーマに据え、太平洋戦争における日本とドイツの動きを追った作品。初めて本書を読んだとき、遠くドイツにまで日本の潜水艦が足を延ばしていたという事実を知って、半ば茫然とした気持ちになったことを覚えている。

太平洋戦争開戦後、同盟国ドイツとの間で、どのように人・機密兵器・資料等をやりとりするかが難題となっていた。

また、2か月以上もの間、多くの乗組員は外に出ることもできず、身体を洗うことすらもできないという過酷な航海を強いられたのである。

潜水艦での航海の様子に加え、欧州大陸の戦況や日欧航空路開拓の試みなどが書き込まれ、ストーリー展開は幅広い。こうした中で考えだされたのが、潜水艦でドイツと日本を行き来するという計画だった。

潜水艦乗りの宿命

海中にいる間にめまぐるしく変わる戦況を知らずに進む彼ら乗組員の切なさはいかばかりか。

現代の原潜のような長期間海水中を航行できるわけではなく、海中よりもむしろ海上をノロノロと進むだけのディーゼル艦で日本とドイツを何度も往復していたとは驚きである。

その証左のひとつが本書で描かれている潜水艦である。

先次大戦は米英の物量の差で負けたのだが、双方の軍隊の持っていた質という意味では日本も決してひけを取ってはいなかった。

酸素が欠乏した船内での息苦しさが手に取るように伝わり、彼らが受けた対潜攻撃の過酷さに動悸が速まった。